豊胸を行う前に、必ずご覧ください!

豊胸手術の失敗は、ドクターの技術力不足によるしこりトラブルから、性質上起こる感触の硬さや異物感など様々。これまで1万人以上の乳がん・バストトラブル患者を診察し、毎日のように豊胸手術を行なっているDr.千葉が、そんな「豊胸のよくある失敗」を解説します。これから豊胸手術をご検討の方はぜひご覧下さい。

  • 豊胸・バストアップで失敗したくない方
  • 過去の仕上がりに満足できなかった方
  • ネットを見て豊胸が怖くなった方
  • 再生医療による美容に興味がある方
  • 光豊胸、エステ、サプリなどで効果が感じられなかった方
  • 「異物は入れたくないけれど、豊胸には興味がある」という方
情報提供ドクター THE CLINIC  横浜院長 千葉明彦
乳腺専門医。乳房の摘出手術で女性の悲しむ姿を見た経験から、美しい乳房を提供したいという思いが高まり、美容外科の世界に足を踏み入れる。抜群の手術センスと親身な姿勢で多くのリピーターをつかむ。

美容外科のドクターが教えたがらない 豊胸のよくある失敗ベスト10

幹細胞注入やシリコンバッグなどの様々な豊胸術における「失敗の回避・改善方法」をご紹介します。

  1. 1位 感触が固い
  2. 2位 バストの形がいびつになる
  3. 3位 バストの感触に異物感がある
  4. 4位 バスト感覚の麻痺
  5. 5位 異物が入っている心理的負担
  6. 6位 傷が目立つ
  7. 7位 吸引部位の形がいびつ
  8. 8位 脂肪壊死
  9. 9位 石灰化
  10. 10位 バッグの破損

このようなリスクを回避するためには!

  • 1.病院ではなくドクター選び
  • 2.シリコンバッグを使わない
  • 3.やせ型にも適した新治療

上記の3つのポイントが重要です