1. 豊胸手術のよくある失敗
  2. 豊胸失敗Q&A
  3. 効果・仕上がりのお悩み
  4. 触感のお悩み
  5. 5年前にシリコンを入れたのですが柔らかくならずパンパンに張っています

お悩み相談集

5年前にシリコンを入れたのですが柔らかくならずパンパンに張っています

2011.08.25

※相談当時の内容のまま掲載しておりますので、サービスや料金については
現在のものと異なる場合があります。詳しくはお問合せください。

5年前に千葉のあるクリニックでコヒーシブシリコンバッグ豊胸をしました。大胸筋下に入れました。もともとAカップあるかないかぐらいの大きさだったため、大きい胸に憧れて大きめバッグを入れ、Dカップになりました。術後のマッサージの激痛に耐えて頑張ったのに、いつまでも軟らかくならず、パンパンに張っているような状態です。左右の形や高さも違っていて、余計にコンプレックスになりました。バッグを除去し、コンデンスリッチ豊胸を希望していますが、また失敗するのではととても心配で踏み切れないでいます。こんな私でも自然で大きな胸は手に入れることができるのでしょうか。私の身長は156cm、体重は50kgです。

コンデンスリッチ豊胸は、ご相談のようなケースで、一番の解決法だと思います。コヒーシブシリコンは、どんなにバッグが柔らかくても、元々のバストの組織が少ない人が、大胸筋下に入れると、その場で動きませんので、硬い触感になりがちです。無理なマッサージで炎症を起こすと、余計硬くなります。左右差が出ているのであれば、採り出ししか方法はありませんが、単純な採り出しだと、前の状態より小さくなります(バッグの圧迫で、組織が萎縮しているからです)。
自分の脂肪さえ十分に確保できれば、安全性や定着率の点で、コンデンスリッチ豊胸はお勧めできます。
大きさを欲張らなければ、今よりずっと自然な状態に改善できるでしょう。

無料ドクターメール相談