お悩み相談集

PPPとマクロレーンの違いを教えて下さい

※相談当時の内容のまま掲載しておりますので、サービスや料金については
現在のものと異なる場合があります。詳しくはお問合せください。

PPPとマクロレーンは、どちらが感触がやわらかくて、どちらが、もちがいいですか?持続の違いはありますか?脂肪吸引が怖くて、2つの特徴を知りたいです。BをCくらいにしたいのですが、料金はどちらが、かかりますか?

PPPとマクロレーンでしたらマクロレーンが柔らかいです。そういっても自分の脂肪にはかないません。
以下、それぞれの特徴を書きます。
PPP:硬い。早く吸収される(数か月)。安い。
マクロレーン(ヒアルロン酸):やや硬い。かなり早く吸収される(約1年程度)。注入量に対し費用が高い。です。
脂肪注入に関して、脂肪吸引が不安との事、当クリニックでは1年間に500例以上の脂肪吸引を行っていますが、危険な事は皆無です。つまり十分な経験と新しい技術で行えば、安全な施術だと言えます。豊胸に関して上記2種類の方法と比較すれば、脂肪注入による豊胸は、柔らかく自然(全く自分の胸と同じ感触)。永久性がある。初期費用としてはやや高いものの、永性、触り心地等、総合的満足度は最も高いです。ただし、従来の脂肪注入法は、定着率が悪い、しこり、脂肪壊死等の合併症のリスクがあったのですが、現在私どもが行っているコンデンスリッチ豊胸はそれらの難点を改善すべく開発された新しい方法です。この最新の方法は幹細胞の比率を高め定着率を高く保つと共に、さらに死活細胞を減らす事で、しこりや脂肪壊死などの合併症を減らすことに成功しています。なお、脂肪注入する場所は乳腺以外ですし、注入によって乳がんのリスクが高くなることもありません。また、脂肪吸引においてはベイザーという脂肪吸引の最高峰の技術で行います。この脂肪吸引法は仕上がりが良くダウンタイムが短いだけでなく、脂肪注入に適した脂肪を採取できるといったことも研究で分かっています。
これらの技術が開発され、手術をお受けになった皆様からたくさんの喜びの声を頂いております。先日、美容外科学会でこのコンデンスリッチ豊胸に関して発表を行いましたがそこでも高い評価を得ています。PPPやマクロレーンといった方法も決して悪くありませんが、長くボディデザインに特化してきた私共にとってはコンデンスリッチ豊胸が最もお勧めの方法となります。

無料ドクターメール相談