1. 豊胸手術のよくある失敗
  2. 豊胸失敗Q&A
  3. その他のお悩み
  4. 過去の修正のお悩み
  5. 6年前のバッグ豊胸で、違和感と痛みがあります

お悩み相談集

6年前のバッグ豊胸で、違和感と痛みがあります

2014.07.25

※相談当時の内容のまま掲載しておりますので、サービスや料金については
現在のものと異なる場合があります。詳しくはお問合せください。

6年程前に大胸筋下にアメリカから取り寄せたという、割れても安全性の高い周りがザラザラしているシリコンをすすめられ豊胸手術をしました。総額120万円ほどだったと思います。手術前に随分悩みましたが、当日キャンセルだと全額支払わなければならない誓約書だったためと、長年の悩みから解消されたくて、思い切って豊胸手術に挑み、一時は綺麗なバストを手にしたのですが、術後直ぐに左胸が硬く痛くなり、受診したり、電話で相談しましたが、すぐに抜去をする決断ができず、そのままの状態にしていました。
その後は、胸は硬いし、バストの下がボコボコします。触れるとすぐにバックのヘリが触れるような感触です。また、乳首まで痛み、それから6年程がたってしまいました。 再手術で改善することは可能でしょうか?

メール内容から伺いますに、左胸の状態でバッグの辺縁が触れることをリップリングといい、硬くなっている状態はカプセル拘縮といいます。どちらもバックに伴う術後の合併症になります。6年間お悩みだったということでさぞお辛かったかとお察しします。

当院ではこういった術後のトラブルからバックを抜去されに来られる方が大変多くなっております。またトラブルがなくても異物を入れているという精神的負担で、それから解放されたい方も当然多くご来院されています。
お話を伺っていますと、バックという異物を抜去し、ご自身の脂肪を注入するコンデンスリッチ豊胸がベストだと思います。
その場合上記の合併症はありませんのでご安心ください。
また当院では脂肪採取に最先端のベイザーリポという脂肪吸引を採用しておりますので従来の方法に比べて格段にダウンタイムが減少していることが特徴です。もちろん、気になる、要らない脂肪が無くなり、メリットに持っていきます。
もちろん抜去だけという選択肢もありですが、ほとんどの場合、抜去だけですとへこんだ胸になり、ショックを隠し切れ無いようです。バッグ抜去後の状態はエコーで確認すれば皮膚からバッグまでの距離を実際測れますので、ほぼ想像できます。

無料ドクターメール相談