1. 豊胸(ほうきょう)のよくある失敗 TOP
  2. お悩み相談集
  3. アメリカでは脂肪注入は禁止されているのですか?

お悩み相談集

アメリカでは脂肪注入は禁止されているのですか?

※相談当時の内容のまま掲載しておりますので、サービスや料金については
現在のものと異なる場合があります。詳しくはお問合せください。

豊胸手術を考えていて、2カップ以上大きくしたいです。
脂肪注入は、アメリカでは禁止されているようですが、問題はありませんか?デメリットがないことを優先したいです。
バックと脂肪を両方入れるのはリスクありますか?

当院で行っているCRF豊胸は個人差はありますが、1.5~2カップアップが目安です。それ以上大きくしたい場合は2回のCRF豊胸をお勧めします。
脂肪注入によるリスクは感染、脂肪壊死、しこりなどがありますが頻度は非常に低いです。これまで私が行ったCRF豊胸において大きな問題はありません。
ちなみに
◇1987年: ASPSは胸への脂肪注入を禁止していますが、理由は
①注入後、維持率の予測が不可能
②脂肪壊死によるしこりと癌との区別が付き難い
◇2008年:ASPSは胸への脂肪注入のモラトリアムを緩める。
⇒正確な施術を行えば、脂肪注入は有効で特別なリスクは無いと報告
よって、一時的に禁止されましたが、今は手術手技の向上、画像診断の向上で、脂肪注入による豊胸は再開されています。
バックと脂肪を両方入れる場合、脂肪単独に比べるとリスクは上がります。
バッグは異物ですので時間の経過とともにカプセル拘縮や石灰化などを起こす可能性があります。

無料ドクターメール相談