1. 豊胸(ほうきょう)のよくある失敗 TOP
  2. お悩み相談集
  3. 脂肪を注入するのは、大胸筋下、乳腺下などどの層でしょうか?

お悩み相談集

脂肪を注入するのは、大胸筋下、乳腺下などどの層でしょうか?

※相談当時の内容のまま掲載しておりますので、サービスや料金については
現在のものと異なる場合があります。詳しくはお問合せください。

検診施設で乳房の超音波検査をしている、臨床検査技師です。
最近は豊胸を受けられた受診者様も多く、脂肪注入豊胸の方が増えてきていると実感しております。
質問ですが、脂肪注入による豊胸の場合もシリコンバックの様に、挿入箇所は個人により様々でしょうか?また脂肪注入で一番メジャーな挿入部位はどこでしょうか?(大胸筋下、筋膜下、乳腺下 等の部位はどこでしょうか?)検査の経験では乳腺下に脂肪注入してると思われるものが多いと感じますが、乳腺組織に脂肪が無秩序に入り込んでいる様に観察される例もあります。
また脂肪を挿入する箇所によってトラブルが起こりやすい部位があるのか教えて頂きたく、メールさせて頂きました。

当クリニックでは大胸筋下、大胸筋内、乳腺下、皮下、それぞれの層に何本も細い線状に注入します。大胸筋内、皮下は生着がよいため他より多く注入します。またボーラスで注入しません。ボーラスで注入するとシコリなどの原因となります。詳しくは当クリニックのHPを参考にしてみてください。脂肪の注入方法はクリニックや医師によって異なります。
当院はしこりが出来ない様にCRF(コンデンスリッチ脂肪)を使用します。生着しやすく脂肪壊死もきたしにくいためです。脂肪壊死はoilcystの原因、しこりの原因となります。先ほども説明しましたが 細い線状に注入し脂肪表面と体積に対する血流を多くし生着しやすくしています。脂肪注入のトラブルは何といっても「シコリ」です。そのために当クリニックは工夫しています。

無料ドクターメール相談